ボランティアについて

ボランティア活動とは?

ボランティア活動は、自分が関心のあるテーマで、自分にできることから始められるとても身近な活動です。地域や社会をよりよくしていくとともに、活動する自分自身も豊かにしてくれる力を持っています。
ボランティアセンター事業では、市民一人ひとりのより良い生き方と生活を実現するため幅広い領域の福祉の視点にもとづき、ボランティア活動を支援することにより、地域福祉の推進を図ります。

 

ボランティア活動の4原則

~ボランティア活動の基本的な考え方~

自分の意思で行う【自主性・主体性の原則】

ボランティア活動は自分自身の意志で始める活動です。はじめるきっかけが学校行事や地域の活動であったとしても、ずっと続けていくためには自分の気持ちが大切になります。どのようなきっかけでも自分自身の「やってみよう」という気持ちが大切です。

開かれた活動【社会性・連帯性の原則】

ボランティアに参加する1人ひとりがおたがいに協力しながら活動し、参加する全員が活動内容について考えて、意見を交わすなどして学ぶことが大切です。活動を通して、さまざまな人との出会いがあり、新しい人間関係をつくることができます。また、趣味を生かした活動をしたり、特定の人の集まりを他の人にも開放することでもボランティアにつながります。例えば、趣味の音楽を施設で披露する。ママ友の集まりを不特定多数の人も受け入れる集まりにするなど。

お金以外の喜びを得る【無償性・無給性・非営利性の原則】

ボランティア活動は、基本的には無償で行う活動です。ボランティア活動は、新しい出会いや発見、感動そして喜びといった精神的な報酬を得る活動です。参加することで、新しい人間関係ができたり、感謝される喜びを知るなど、こころが豊かになるできごとにたくさん出会えます(交通費・食費・材料費等の活動実費の受領は有償ではありません)。また、有償ボランティアという考え方にたつ団体もあります。

よりよい社会を創る【創造性・開拓性・先駆性の原則】

自由な発想・アイデアを活かし、方法・しくみを創り出して行くことが大切です。 何が問題で、どのように改善すれば、よりよい社会になるのかを考え、ときには新たなやりかたやしくみを自分達でつくって実行していくことです。

この記事に関するお問い合わせ先

美濃加茂市社会福祉協議会 地域福祉係
〒505-0031
岐阜県美濃加茂市新池町三丁目4番1号(総合福祉会館すこやかタウン美濃加茂内)
FAX. 0574-28-6110
  • ボランティア・
    地域活動
  • 日常生活の
    困りごと
  • 参加協力を
    したい