生活困窮者家計改善支援事業

「家計改善支援事業」とは

 2015年に創設された、生活困窮者自立支援制度の一つです。何らかの理由により、家計が苦しく生活が困窮している人(世帯)に対し、家計の相談・見直しを行うことで、生活の立て直しを目指します。(相談は無料。秘密厳守)

対象となるのは

  • 収入はあるが、家賃や水道光熱費、税金などの滞納がある人
  • 多重債務や多額の借金があり、返済が困難になっている人
  • カードに頼って生活や買い物をして、いくら借金があるか把握していない人
    など

 

相談・支援の流れ

家計改善支援事業の申し込みをします。

 ↓

担当者と一緒に、家計を「見える化」します。

  • レシートや預金通帳、給与明細などをもとに、現在の家計状況と収支バランスを把握します。
  • 相談者が抱える生活課題を整理します。

 ↓

家計再生プラン(家計支援計画)を作成します。

  • 見える化した家計状況をどのように改善するかを担当者と一緒に考えます。
  • 相談者のライフイベントに合わせて、数年先の家計計画を立てます。
  • 必要に応じて、給付制度や減免申請、債務整理に関するお手伝いをします。
  • 相談者の状況に応じた支援が行われるように、様々な支援につなげていきます。

 ↓

自立した生活ができるよう、家計管理をともに考えます。

  • 再び困窮状態にならないよう、家計管理能力の向上を目指します。

この記事に関するお問い合わせ先

美濃加茂市 心と暮らしの相談窓口 (美濃加茂市生活困窮者自立相談支援事業)
美濃加茂市役所 福祉課(西館1階) 美濃加茂市太田町3431-1

Email. se-kon@minokamo-shakyo.or.jp
  • ボランティア・
    地域活動
  • 日常生活の
    困りごと
  • 参加協力を
    したい